あれ!?いつ渡すのがベスト?婚約指輪の旅物語

プロポーズの際に婚約指輪を渡すべきか

婚約指輪はどのタイミングで渡すことが、一番良いのでしょうか。映画やドラマの中などでは、プロポーズの際に男性が女性にプレゼントするドラマティックなシチュエーションが多いですが、実際はそのような状況で婚約指輪を渡すケースはあまり多くありません。もちろん、プロポーズと一緒にサプライズで婚約指輪を渡す人も居られますが、実際は後日二人で購入しに行くケースが多いです。
プロポーズの際に婚約指輪を渡して相手を驚かせたいと言う気持ちもありますが、実際には指輪のサイズや好みのデザインなど克服すべきハードルが幾つもあります。女性からしても、サプライズでもらったことは嬉しかったとしても、サイズが合わなかったり好みのデザインで無かったりするケースが多いです。しかも、折角高価な物をプレゼントしてもらったので、そのようなことを相手に対して打ち明けることが出来ません。ですので、特にプロポーズの際に渡すことに拘る必要はありません。

結納で渡すことも一つの選択肢です

婚約指輪を渡すタイミングの一つとしては、結納の時に渡すケースがあります。結納とは両家の親族も交えて、結婚することを正式に約束する儀式のことです。この結納の席で婚約指輪を渡すケースも多いです。親族が仕来りを重んじる場合は、結納の前に婚約指輪を渡すことによってトラブルに発展する場合もありますので、単に二人だけの問題だと捉えずに渡すタイミングは慎重に見極めることが大切です。
また、結納が行われない場合でも、両家の顔合わせの食事の席などで渡すことも得策です。
もし、結納も顔合わせの食事も行われない場合は、二人っきりの時にタイミングを見計らって渡すようにしたいです。格好付ける必要は有りませんが、出来るだけ相手が喜ぶシチュエーションで渡したいです。

婚約指輪を表参道で探すことで、様々なショップを巡りながら商品の比較ができ、納得のいく指輪選びにつながります。